つみき

不動産契約は様々な手続きを行う必要があるのです

このエントリーをはてなブックマークに追加

土地に関する役割

男の人

土地家屋調査士とは、不動産の表示に関する登記につき必要な土地または家屋に関する調査におよび測量する方をいいます。東京の土地家屋調査士は、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために必要な調査を行っているのです。この不動産の物理的な状況を正確に把握する調査を測量といいます。この測量を行うためには、土地家屋調査士の資格の取得が必要となるのです。試験には受験資格といったものは必要なく、誰で受験することができる資格となっているのです。東京の土地家屋調査士は、主に不動産の表示に関する申請手続きを代理しています。不動産の表示に関する登記は、所有者にその申請義務が課せられています。しかし、その手続きはとても複雑なので、初めての方や一般の方であれば、その手続きが難しいのです。そこで、東京の土地家屋調査士は依頼人の要求に応じて、不動産の表示に関する登記の申請手続きの代理を行っているのです。不動産の物理的な状況を登記簿に反映させるために、調査や測量の結果を踏まえて報告するのです。建物を新築した場合における建物の表示の登記は、土地の分筆の登記等の登記申請手続きが必要となるのです。東京の土地家屋調査士の役割というのは、不動産の状況を正確に登記記録に反映することによって不動産取引の安全の確保、そして、国民性の財産を明確にするといったきわめて公共性の高いものとなるのです。土地家屋調査士は、国民の生活に対して不可欠な役割として定着しているのです。そして土地家屋調査士は不動産の状況を調査、測量して位置を明確にして、正確な土地の面積を確定した上で登記脳に反映するのです。